コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯波義郷 しば よしさと

2件 の用語解説(斯波義郷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斯波義郷 しば-よしさと

1410-1436 室町時代の武将。
応永17年生まれ。斯波義教(よしのり)の次男。相国寺鄂隠慧奯(がくいん-えかつ)の弟子となり,瑞鳳と称した。永享5年兄義淳(よしあつ)の死去により還俗(げんぞく)して家督をつぎ,越前(えちぜん)・尾張(おわり)・遠江(とおとうみ)の守護となる。落馬がもとで永享8年9月30日急死。27歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斯波義郷

没年:永享8.9.30(1436.11.8)
生年:応永17(1410)
室町時代の武将。義教の次男。相国寺鄂隠の弟子となり瑞鳳と称していたが,永享5(1433)年兄義淳が危篤になると,将軍足利義教の命で還俗して家督を継ぎ,越前(福井県)・尾張(愛知県)・遠江(静岡県)3カ国守護となった。

(河村昭一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斯波義郷の関連キーワード今川義忠意雲江戸通房菊池兼朝熊谷直純長雅長尾房景長瀬泰貞波多野通郷松平泰親

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone