コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井奥邃 あらい おうすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井奥邃 あらい-おうすい

1846-1922 幕末-大正時代の武士,宗教家。
弘化(こうか)3年5月5日生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。戊辰(ぼしん)戦争で箱館にいきニコライにあって師事する。明治3年森有礼(ありのり)に随行し,アメリカでキリスト教教団新生社にはいる。32年帰国。のち東京の謙和舎で聖書を講じた。門人田中正造,高村光太郎らがいる。遺著に「奥邃広録」。大正11年6月16日死去。77歳。通称は常之進。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新井奥邃の関連キーワード大山 幸太郎新井 奥邃大正時代宗教家弘化

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android