コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井豊美 あらい とよみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井豊美 あらい-とよみ

1935-2012 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和10年10月17日生まれ。北川透の「あんかるわ」に寄稿,また菅谷規矩雄(きくお)らと「Zodiac」を創刊。昭和57年詩集「河口まで」で地球賞,平成5年,生の不安や怨恨を,やわらかな性的感性のなかにつつみこむような「夜のくだもの」で高見順賞。19年「草花丘陵」で晩翠賞。評論「苦海浄土の世界」もある。平成24年1月21日死去。76歳。広島県出身。上野学園大中退。本名は豊実。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新井豊美の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎ラムサール条約成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏ミゲル カブレラバスター ポージー

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android