新井豊美(読み)あらい とよみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井豊美 あらい-とよみ

1935-2012 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和10年10月17日生まれ。北川透の「あんかるわ」に寄稿,また菅谷規矩雄(きくお)らと「Zodiac」を創刊。昭和57年詩集「河口まで」で地球賞,平成5年,生の不安や怨恨を,やわらかな性的感性のなかにつつみこむような「夜のくだもの」で高見順賞。19年「草花丘陵」で晩翠賞。評論「苦海浄土の世界」もある。平成24年1月21日死去。76歳。広島県出身。上野学園大中退。本名は豊実。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android