コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新制作派協会 しんせいさくはきょうかい

世界大百科事典 第2版の解説

しんせいさくはきょうかい【新制作派協会】

美術団体。1935年の松田文相による帝展改組に反発した〈第二部会〉中の若手画家,伊勢正義猪熊弦一郎内田巌小磯良平佐藤敬三田康鈴木誠中西利雄脇田和は,36年7月〈反アカデミックの美術精神に於て官展に関与せず〉と宣言して新制作派協会を結成した。美術家画壇政治的な動きを嫌い,純粋な芸術運動をすすめようとするもので,藤島武二がこれを励まし,同年秋,第1回展を上野竹之台で開いた。翌年野田英夫,つづいて三岸節子荻須高徳らを会員に迎えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の新制作派協会の言及

【明治・大正時代美術】より

…また同年,国画創作協会に彫刻が加わったとき,ブールデルに学んで帰国した金子九平次(くへいじ)(1895‐1968)が中心となったが,28年に同会が国画会に改組すると,高村光太郎,清水多嘉示(たかし)(1897‐1981),高田博厚(ひろあつ)(1900‐87)らが加わった。さらに,39年国画会彫刻部は解散するが,36年に結成された新制作派協会に,新進の本郷進,柳原義達,佐藤忠良(ちゆうりよう),舟越保武らが結集する。 明治・大正期の美術を通観すると,一般史におけると同じく,たえず西欧文明からの刺激にさらされ,近代化(西欧化)の過程をたどったことが大きな性格として浮かんでくる。…

※「新制作派協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android