コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口吉郎 たにぐちよしろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷口吉郎
たにぐちよしろう

[生]1904.6.24. 金沢
[没]1979.2.2. 東京
建築家,工学博士。 1928年東京大学工学部建築科卒業。 43~65年東京工業大学教授,日本芸術院会員博物館明治村館長をつとめた。 61年東宮御所の設計で芸術院賞,73年文化勲章受章。主要設計は島崎藤村記念堂 (1948) ,帝国劇場 (66) ,東京国立近代美術館 (69) ,東京国立博物館東洋館など。主著修学院離宮』 (57,毎日出版文化賞) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

谷口吉郎【たにぐちよしろう】

建築家。建築美術の研究で著名。金沢市出身。東大建築科卒。日本の近代建築確立期から実務にも従事,慶応義塾大学日吉寄宿舎,藤村記念堂,千鳥ヶ淵戦没者墓苑等多数を設計。
→関連項目東京国立近代美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口吉郎 たにぐち-よしろう

1904-1979 昭和時代の建築家。
明治37年6月24日生まれ。生家は金沢市の九谷焼窯元。昭和18年東京工業大教授。日本の伝統文化を近代建築にいかし,藤村記念館,東宮御所,東京国立博物館東洋館などを設計した。博物館明治村の初代館長。芸術院会員。48年文化勲章。昭和54年2月2日死去。74歳。東京帝大卒。著作に「雪あかり日記」「修学院離宮」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たにぐちよしろう【谷口吉郎】

1904‐79(明治37‐昭和54)
建築家。金沢市に生まれる。1928年東京帝国大学建築学科を卒業。43年東京工業大学教授。第2次大戦前には西欧近代建築様式の数少ない理解者として慶応義塾大学日吉寄宿舎(1938)などの作品をのこしたが,渡欧を契機に日本の伝統的建築様式の追求に主題を改め,戦後は藤村記念堂,千鳥ヶ淵戦没者墓苑,東宮御所などで独自の造形と装飾を深めた。明治村の開設に力を尽くし初代館長を務めた。【丸山 茂】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たにぐちよしろう【谷口吉郎】

1904~1979) 建築家。金沢市生まれ。東工大教授。日本の伝統を近代建築の造形に生かした端正な作風で知られる。藤村記念堂・東宮御所などを設計。明治村初代館長。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷口吉郎
たにぐちよしろう
(1904―1979)

建築家。金沢に生まれる。1928年(昭和3)東京帝国大学建築学科卒業。同大学院を修了後、30年東京工業大学講師、翌年助教授となる。ヨーロッパ留学後43年に教授となり、65年の退官まで後進の指導にあたるかたわら設計活動を続けた。おもな作品に藤村(とうそん)記念館(1947)、東京国立博物館東洋館(1968)などの建築のほか、多数の文学碑がある。また、文化財保護審議委員を務め、博物館明治村の設立に尽力し初代館長となる。62年日本芸術院会員、73年文化勲章受章。[天田起雄]
『谷口吉郎作品集刊行委員会編『谷口吉郎作品集』(1981・淡交社) ▽『谷口吉郎著作集』全五巻(1981・淡交社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の谷口吉郎の言及

【産業考古学】より

…しかし産業考古学の誕生は,遺跡・遺物によって過去の文化を研究する学問と定義される考古学が,時代上の下限を議論するための重要なきっかけを提供している。日本では77年に〈産業考古学会〉が創立され,当時の明治村館長谷口吉郎が初代会長となった。いくつかの地方支部ならびに〈金属・鉱山分科会〉〈繊維研究会〉〈水車と臼の研究会〉などの分科会が設けられ,会報として《産業考古学》を発行している。…

※「谷口吉郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

谷口吉郎の関連キーワード修学院離宮(しゅがくいんりきゅう)神奈川県立近代美術館斎藤茂吉記念館谷口 吉郎新制作協会谷口吉生昭和時代迎賓館関野克清家清谷口作風