コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟越保武 ふなこしやすたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舟越保武
ふなこしやすたけ

[生]1912.12.7. 岩手,盛岡
[没]2002.2.5. 東京,世田谷
彫刻家。典麗,端正,優雅な具象彫刻作家として,第2次世界大戦後の日本美術界に毅然たる存在感を示した。小鳥谷駅長でカトリック信者の父保蔵の三男として生まれ,1925年旧制盛岡中学校に入学。17歳のとき,高村光太郎訳『ロダンの言葉』に接し,生涯を通じ,決定的な出会いとなる(→ロダン)。1934年東京美術学校彫刻科に入学。同じ科の佐藤忠良と終生変わらぬ交友が始まる。戦後,盛岡で家族全員がカトリックの洗礼を受けてから,『ローラ』『聖クララ』などのじか彫り大理石像を通じ,信仰の純潔,誠心,崇高さを詩情を交えて表明し続けたが,一方『長崎二十六殉教者記念像』(1962高村光太郎賞),『原の城』(1972中原悌二郎賞),晩年左手で制作した『ゴルゴダ』などの凄絶さが,内面の葛藤を物語る。1978年芸術選奨文部大臣賞を受賞。1967~80年東京芸術大学教授を務め,1999年文化功労者に選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

舟越保武【ふなこしやすたけ】

彫刻家。岩手県生れ。盛岡中学では松本竣介と同級で,松本の死まで親交をもった。1938年国展入選。1939年東京美術学校卒,本郷新佐藤忠良らと新制作派協会彫刻部設立に参加。
→関連項目世田谷美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舟越保武 ふなこし-やすたけ

1912-2002 昭和-平成時代の彫刻家。
大正元年12月7日生まれ。昭和14年新制作派協会彫刻部創立に参加。37年「長崎二十六殉教者記念像」で高村光太郎賞。42年東京芸大教授。のち多摩美大教授。47年「原の城」で中原悌二郎賞。53年芸術選奨。戦後の具象彫刻をリードする存在で,ブロンズのほか大理石も手がけた。平成11年文化功労者。平成14年2月5日死去。89歳。岩手県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。著作に「巨岩と花びら」(昭和58年日本エッセイスト・クラブ賞)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふなこしやすたけ【舟越保武】

1912~2002) 彫刻家。岩手県生まれ。東京美術学校卒。直彫りによる大理石彫刻で知られ、崇高な美をたたえた具象彫刻を制作。代表作「長崎 26 殉教者記念像」「原の城」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舟越保武
ふなこしやすたけ
(1912―2002)

彫刻家。岩手県生まれ。画家の松本竣介(しゅんすけ)(1912―48)とは盛岡中学時代の同級生でともに絵画クラブに所属していた。1934年(昭和9)東京美術学校(現、東京芸術大学)彫刻科塑造部に入学、在学中から国画会展で受賞、39年卒業後、新制作派協会(現、新制作協会)彫刻部の創立に参加し、会員となった。50年(昭和25)カトリックの洗礼を受け、宗教的な作品が多くなり、『長崎二十六殉教者記念像』(1962、高村光太郎(こうたろう)賞受賞)、『ダミアン神父』(1969)、『原の城』(1972)などを発表、流麗清楚(せいそ)な婦人像も多い。72年『原の城』をローマ法王庁に寄贈。73年ローマ教皇から「大聖グレゴリオ騎士団長」の勲章を、78年芸術選奨文部大臣賞を受けた。日本では数少ない大理石彫刻家で、67~80年東京芸術大学教授、81~83年多摩美術大学教授を務めた。86年東京芸術大学名誉教授。99年(平成11)文化功労者。また、『石の音、石の影』など随筆も執筆しており、『巨岩と花びら』では日本エッセイスト・クラブ賞を受賞している。[三木多聞]
『『舟越保武作品集』(1982・講談社) ▽『石の音、石の影』(1985・筑摩書房) ▽『巨岩と花びら――舟越保武画文集』(ちくま文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

舟越保武の関連キーワード日本のおもな美術館静岡県立美術館岩手県立美術館国立国際美術館舟越 保武代表作彫刻家舟越桂巨岩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舟越保武の関連情報