コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小磯良平 こいそ りょうへい

美術人名辞典の解説

小磯良平

洋画家。兵庫県生。旧姓岸上。東美校西洋画科卒。在学中に第6回帝展で初入選、翌年同展で特選受賞。渡仏してサロン・ドートンヌに出品、帰国後帝展無鑑査となる。昭和11年新制作派協会を結成、以後同展に発表を続ける。卓抜したデッサンを根底に油絵技術の伝統を真正面から追求、人物や女性像に典雅・清澄な小磯芸術を結実させた。朝日文化賞・帝国芸術院賞・現代日本美術展大衆賞受賞。勲三等旭日中綬章・文化勲章受章。文化功労者。日本芸術院会員。神戸市名誉市民。東京芸大名誉教授。昭和63年(1988)歿、85才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小磯良平

1903年、神戸市生まれ。22年、東京美術学校(現・東京芸大)西洋画科に入学。卒業後、翌年から2年間フランスに留学した。38年から4度、日本陸軍の命令で上海やジャワ島ビルマ(現ミャンマー)などの戦地に行って、北京南西で「娘子関(じょうしかん)を征(ゆ)く」や、「ビルマ独立式典図」などの戦争画を描いた。61年から朝日新聞に連載された川端康成の「古都」など、挿絵も多く手がけた。83年文化勲章を受けた。88年12月死去。

(2007-08-16 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

こいそ‐りょうへい〔‐リヤウヘイ〕【小磯良平】

[1903~1988]洋画家。兵庫の生まれ。藤島武二に師事。フランスへ留学後、新制作派協会(後の新制作協会)の結成に参加。卓抜した描写と近代的感覚で、女性像に独自の画境を展開した。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小磯良平【こいそりょうへい】

画家。神戸市生れ。東京美術学校卒。在学中の1925年帝展入選。1927年―1930年滞仏。1936年猪熊弦一郎らと新制作派協会(のち新制作協会)結成。1938年従軍画家として中国へ渡り,戦争画を手がける。1974年赤坂迎賓館の壁画《絵画》《音楽》を制作。確かな描写力に裏づけられた平明な写実によって,評価された。代表作《娘子関を征く》《斉唱》。1983年文化勲章。
→関連項目兵庫県立近代美術館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小磯良平 こいそ-りょうへい

1903-1988 昭和時代の洋画家。
明治36年7月25日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)在学中の大正15年「T嬢の像」で帝展特選。昭和11年猪熊(いのくま)弦一郎らと新制作派協会を結成する。17年「娘子関を征く」で芸術院賞。28年東京芸大教授。57年芸術院会員。58年文化勲章。昭和63年12月16日死去。85歳。兵庫県出身。旧姓は岸上。作品はほかに「家族」「絵画」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こいそりょうへい【小磯良平】

1903~1988) 洋画家。兵庫県生まれ。本名、岸上良平。端正な油彩人物画を得意とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小磯良平
こいそりょうへい

[生]1903.7.25. 神戸
[没]1988.12.16. 神戸
洋画家。 1927年東京美術学校西洋画科卒業。在学中 25年帝展初入選,26年特選。 28~30年渡欧し,アングル,ベラスケスらの技法を学び,サロン・ドートンヌにも出品。 30~36年光風会会員,36年同志と新制作派協会を結成。第2次世界大戦中は従軍画家として戦争画を描き,40年朝日文化賞,41年第1回帝国芸術院賞を受賞。戦後は 53~71年東京芸術大学教授。 58年『家族』で現代日本美術展の大衆賞受賞。 73~74年,迎賓館 (旧赤坂離宮) の壁画を制作。 79年文化功労者,82年芸術院会員,83年文化勲章受章。女性肖像,群像にすぐれ,独特なリアリズムの画風を完成した。主要作品『踊り子』 (1938) ,『斉唱』 (41) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小磯良平
こいそりょうへい
(1903―1988)

洋画家。神戸市生まれ。1922年(大正11)東京美術学校に入学して藤島武二(たけじ)に学び、在学中に帝展特選となる。27年(昭和2)卒業し、翌年渡仏して30年帰国する。36年猪熊(いのくま)弦一郎らと新制作派協会を結成。40年朝日文化賞を受け、翌年新文展の審査員を務め、第1回帝国芸術院賞を受ける。53~71年(昭和28~46)東京芸術大学教授として後進の指導にあたる。58年第3回現代日本美術展で大衆賞を受ける。74年赤坂の迎賓館2階大ホールの壁画を完成。静朗な女性像の画家として知られ、79年に文化功労者、83年に文化勲章受章。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小磯良平の関連キーワード戦争記録画(日本人の)神戸市立小磯記念美術館中土佐町立美術館山梨県立美術館猪熊 弦一郎日本芸術院賞呉市立美術館中村 悠紀子中村悠紀子戦争記録画戦争と芸術リトグラフ昭和時代高松次郎三田 康妹尾河童古家 新佐藤 敬工藤哲巳伊勢正義

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小磯良平の関連情報