新制作協会(読み)しんせいさくきょうかい

  • しんせいさくきょうかい ‥ケフクヮイ
  • しんせいさくきょうかい〔ケフクワイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美術団体。1936年帝国美術院(→日本芸術院改組契機に起こった美術界混乱のなか,猪熊弦一郎小磯良平らが,政治的抗争排除と芸術運動の純粋化を主張し,新制作派協会として結成。1939年彫刻部が創設され本郷新舟越保武佐藤忠良らが会員となり,1949年には建築部が創設されて丹下健三谷口吉郎前川國男らが入会した。1951年,革新的な日本画の美術団体である創造美術と合体,団体名を現名称に改称するとともに日本画部が設立された。1974年日本画部会員が全員脱会したため,日本画部は解消された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

日本画,洋画,彫刻,建築の美術団体。1936年猪熊弦一郎中西利雄小磯良平ら7人の洋画家が反アカデミズムを唱えて新制作派協会を結成し,同年脇田和ら2人を加えて第1回展を開催したのに始まる。1939年彫刻部,1949年建築部を設立。さらに1951年には前衛的日本画団体の創造美術家協会と合流し,日本画部を設けて新制作協会と改称した。
→関連項目石本正加山又造佐藤敬佐藤忠良野田英夫山本丘人湯原和夫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洋画、彫刻、建築の美術団体。帝国美術院改組に反対して結成された在野団体である第二部会のうち、新鋭作家猪熊(いのくま)弦一郎、内田巌(いわお)、小磯(こいそ)良平、佐藤敬(けい)、三田康(やすし)、中西利雄(としお)らは、1936年(昭和11)7月同会を離脱し、伊勢正義(いせまさよし)、脇田和(わきたかず)らと新制作派協会を設立、美術界における政治的抗争を排し純粋な芸術活動に専念する旨を宣言した。同年11月第1回公募展を開催。鈴木誠(まこと)、野田英夫(ひでお)、荻須高徳(おぎすたかのり)らを加える一方、39年国画会彫刻部を脱退した本郷新(しん)、佐藤忠良(ちゅうりょう)、舟越保武(やすたけ)らの参加により彫刻部を、さらに49年(昭和24)谷口吉郎(よしろう)、丹下(たんげ)健三らを迎えて建築部を新設、51年には当時日本画壇の前衛と目された福田豊四郎(とよしろう)、上村松篁(うえむらしょうこう)らの創造美術と合流、会名を今日の新制作協会に改めたが、74年日本画部は袂(たもと)を分かち創画会を結成した。絵画部の傾向は都会的な近代感覚が主流を占め、彫刻部には前記会員のほか高田博厚(ひろあつ)、菅原(すがわら)安男らがいて写実的な具象作品が多い。

[佐伯英里子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

美術団体。昭和一一年(一九三六)、猪熊弦一郎・佐藤敬・小磯良平・脇田和らが結集、新制作派協会の名で発足した。同二六年、日本画の創造美術協会と合体、現名に改称。のち、日本画部は離脱し、創画会を結成した。毎年秋に公募展を開催。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の新制作協会の言及

【新制作派協会】より

…翌年野田英夫,つづいて三岸節子,荻須高徳らを会員に迎えた。39年に本郷新,舟越保武,佐藤忠良,柳原義達らの参加で彫刻部,49年に丹下健三,谷口吉郎,前川国男らにより建築部が設けられ,51年には創造美術協会の合流で日本画部ができて会名を新制作協会に改めた。しかし74年に日本画部会員が脱退し,現在は絵画部,彫刻部,スペースデザイン部として毎年秋,公募展を開催している。…

※「新制作協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新制作協会の関連情報