コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田巌 うちだ いわお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田巌 うちだ-いわお

1900-1953 大正-昭和時代の洋画家。
明治33年2月15日生まれ。内田魯庵の長男。藤島武二に師事し,昭和5年からパリのアカデミー-ランソンでまなぶ。21年日本美術会の主要メンバーとなり,23年共産党に入党。画家の戦争責任問題や画壇民主化運動にとりくんだ。昭和28年7月17日死去。53歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「白の上衣の少女」「風」など。著作に「人間画家」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うちだいわお【内田巌】

1900‐53(明治33‐昭和28)
洋画家。内田魯庵の子。東京に生まれる。東京美術学校卒業。1930‐32年滞欧,パリのアカデミー・ランソンに学ぶ。光風会,帝展に出品後,39年新制作派協会の創立に加わる。第2次大戦の敗戦直後に結成された日本美術会の委員長となり,画家の戦争責任追及の主唱者として,画壇の民主化運動に活躍した。代表作に《風》(1946),《赤旗》(1949)など。《人間画家》(1946)など,美術評論の著書も多い。【匠 秀夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田巌
うちだいわお
(1900―1953)

洋画家。東京生まれ。文芸評論家内田魯庵(ろあん)の長男。東京美術学校西洋画科で藤島武二に学び、1926年(大正15)卒業。帝展と光風会に出品。30~32年(昭和5~7)渡仏し、アカデミー・ランソンに学んだ。36年光風会会員を辞し、新制作派協会の創立に参加する。第二次世界大戦後、46年(昭和21)日本美術会結成に加わって主要会員となるほか、日本共産党に入党。社会主義リアリズムの代表作に『赤旗』『平和』などがある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

内田巌の関連キーワードフージュロン新制作協会昭和時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android