コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新国立劇場 しんこくりつげきじょう

6件 の用語解説(新国立劇場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新国立劇場
しんこくりつげきじょう

オペラ,バレエミュージカルなど現代舞台芸術の普及と振興を目的として文化庁東京都渋谷区に建設した国立劇場。本格的な移動4面舞台を持つ大ホール (収容人員約 1810人) と,中ホール (約 1030人) のほか小ホール (約 430人) ,さらにはけいこ場,研修所なども設けられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

新国立劇場

歌舞伎、文楽、邦舞、民俗芸能などを上演する国立劇場が開場したのは1966年。オペラ、バレエ、現代舞踊、演劇のための国立の劇場を設立することは、関係者たちの悲願であったが、97年にやっと新国立劇場として実現した。バレエに話を限ると、現在、独自のバレエ団と研修所を持っている。ただし基本的にはシーズンごとの契約で、恒久的なバレエ団ではないが、オーディションによって国内の優秀なダンサーを集めると同時に、外国から多彩なゲストを迎え、水準の高い公演を行っている。

(鈴木晶 舞踊評論家 / 2007年)

新国立劇場

オペラ、バレエ、現代演劇などの殿堂として文化庁が総工費700億円で東京都渋谷区本町に建設し、1997年秋に開場した国立の劇場。歌舞伎など伝統芸能中心の国立劇場(千代田区隼町)に対し、現代舞台芸術の拠点となる。オペラ、バレエなどに使われる大ホール(1800席)、演劇を主体とする中ホール(1000席)、実験色の強い小劇場(300〜450席)の3つのホールのほか、けいこ場、研修室などを備える。2000年7月から、栗山民也が演劇部門の芸術監督に就任。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐こくりつげきじょう〔‐コクリツゲキジヤウ〕【新国立劇場】

東京都渋谷区にある劇場。平成9年(1997)開館。オペラ劇場・中劇場・小劇場と研修施設などからなる。館内の延べ面積は約6万8800平方メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

新国立劇場

東京都渋谷区にある劇場。1997年開館。オペラ劇場、中劇場、小劇場からなる。オペラ劇場の座席数は約1800席。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新国立劇場
しんこくりつげきじょう

東京都渋谷区本町に現代舞台芸術の創造、振興および普及をはかる目的で建設された劇場。地上5階、地下4階建て。館内の延べ面積6万8800平方メートル。オペラ劇場(1814人収容)と中劇場(1038人)は演出上のさまざまな要望に対応できる機能をもった日本初の移動4面舞台(左右、正面、奥)で、オペラやバレエなどの舞台として活用される。このほか小劇場(約440人)や稽古(けいこ)場、研修施設があり、舞台芸術に関する資料の収集や情報提供も行う。1992年(平成4)8月着工、1997年2月に完成、こけら落としの公演は10月に上演された。管理運営は日本芸術文化振興会(独立行政法人)が行っている。なお、この新国立劇場と隣接の東京オペラシティをあわせて、正式には「東京オペラシティ街区」という。複合文化施設として開発された東京オペラシティはオペラシティタワーやコンサートホールが順次オープンし、1999年9月のアートギャラリーのオープンをもって全体が完成した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新国立劇場の関連キーワード国立劇場民俗芸能・民俗藝能替り狂言郷土芸能古典芸能野舞台安乗の人形芝居椎葉民俗芸能博物館本田安次民俗芸能の会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新国立劇場の関連情報