コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新国際開発戦略 しんこくさいかいはつせんりゃくNew International Development Strategy; NIDS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新国際開発戦略
しんこくさいかいはつせんりゃく
New International Development Strategy; NIDS

1980年の国連総会で採択された「第3次国連開発の 10年」のための戦略。発展途上国の経済成長目標率を年7%,一人当たりの GNP4.5%,農業生産4%,工業生産9%の伸び率を設定した。これらを達成するための投資は,国内貯蓄だけでは不十分なため,その不足分を補う先進諸国からの政府開発援助は,供与国の GNPの 0.7%とするなどが主な内容。従来の途上国開発の教訓を踏まえて,後発途上国への配慮,貧困解消,人的資源や社会開発の必要などをうたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

新国際開発戦略の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽工業薬品工業高齢者事業団