新国際開発戦略(読み)しんこくさいかいはつせんりゃく(英語表記)New International Development Strategy; NIDS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新国際開発戦略
しんこくさいかいはつせんりゃく
New International Development Strategy; NIDS

1980年の国連総会で採択された「第3次国連開発の 10年」のための戦略。発展途上国の経済成長目標率を年7%,一人当たりの GNP4.5%,農業生産4%,工業生産9%の伸び率を設定した。これらを達成するための投資は,国内貯蓄だけでは不十分なため,その不足分を補う先進諸国からの政府開発援助は,供与国の GNPの 0.7%とするなどが主な内容。従来の途上国開発の教訓を踏まえて,後発途上国への配慮,貧困解消,人的資源や社会開発の必要などをうたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android