コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新国際開発戦略 しんこくさいかいはつせんりゃくNew International Development Strategy; NIDS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新国際開発戦略
しんこくさいかいはつせんりゃく
New International Development Strategy; NIDS

1980年の国連総会で採択された「第3次国連開発の 10年」のための戦略。発展途上国の経済成長目標率を年7%,一人当たりの GNP4.5%,農業生産4%,工業生産9%の伸び率を設定した。これらを達成するための投資は,国内貯蓄だけでは不十分なため,その不足分を補う先進諸国からの政府開発援助は,供与国の GNPの 0.7%とするなどが主な内容。従来の途上国開発の教訓を踏まえて,後発途上国への配慮,貧困解消,人的資源や社会開発の必要などをうたっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新国際開発戦略の関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽工業薬品工業高齢者事業団

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android