コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新民会 しんみんかい

1件 の用語解説(新民会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんみんかい【新民会】

日韓保護条約締結後の1907年に結成された朝鮮の民族運動団体。安昌浩を中心に梁起鐸,李東寧,李東輝らによって秘密結社として組織された。〈大韓新民会通用章程〉によればその目的は,国民の思想・習慣の革新,教育と産業の振興,国民の団結,そしてそれらを通した〈自由文明国の樹立〉とされた。会員は金九,朴殷植,申采浩,李昇薫らをはじめ,約800名に達したといわれる。中心は新興市民層,知識人層で,その多くはクリスチャンであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新民会の関連キーワード安重根一進会日韓併合仮条約世界遺産保護条約締結遡及保険崔益鉉韓国併合条約趙秉世

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone