コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李東輝 りとうき Li Dong-hui

3件 の用語解説(李東輝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李東輝
りとうき
Li Dong-hui

[生]? 咸鏡南道,端川
[没]1935.1. シベリア
朝鮮の初期共産主義運動の指導者。義兵運動に参加後,1911年寺内総督暗殺未遂事件に連座し,シベリアに逃亡。 18年6月ハバロフスク韓人社会党を結成。 19年上海の大韓民国臨時政府に参加,国務総理に就任したが,外交宣伝活動を重視するイ・スンマン (李承晩) と対立し,臨時政府を脱退し,コミンテルン資金による共産主義運動に専念した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りとうき【李東輝 (R)I Tong‐hǔi】

1873‐1928か35
朝鮮の独立運動家。号は誠斎。咸鏡道端川の生れ。旧韓国軍官学校出身。安昌浩啓蒙思想に共鳴,新民会,西北学会に参加,早くから開化運動に献身して名声が高かった。1907年日本の朝鮮軍解散命令に反対する江華鎮衛隊の蜂起に連座して逮捕され,11年寺内総督暗殺未遂事件にも連座。のち満州,シベリアに亡命し独立運動の指導者となる。ウラジオストクで投獄されるが,ロシア革命で自由の身となり,その民族自決政策に関心をもち,しだいに共産主義思想に共鳴,労農ロシアとの連帯をとなえ,ハバロフスクで韓人社会党を組織(のち上海に移り,21年高麗共産党となる)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李東輝
りとうき / イドンフィ
(1873―1928/1935)

朝鮮近代の革命家。咸鏡(かんきょう)南道端川(たんせん)出身。韓国武官学校を出、愛国啓蒙(けいもう)文化運動、抗日義兵闘争に参加。1911年寺内正毅(まさたけ)総督暗殺未遂事件容疑で投獄された。出獄後、満州、シベリアで活動。1918年シベリアで韓国社会党を組織、1919年上海(シャンハイ)に行き大韓民国臨時政府に参加、軍務総長、国務総理となったがやがて離反し、1921年上海で高麗(こうらい)共産党を結成した。のち満州、シベリアで活動を続けた。[中塚 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

李東輝の関連キーワード金九三・一独立運動・三一独立運動三・一独立運動安昌浩韓竜雲洪命熹申采浩曺晩植洪範図李昇薫