新津油田(読み)ニイツユデン

デジタル大辞泉プラスの解説

新津油田

新潟県新潟市にあった油田。江戸時代前から石油採取が行われていたとされる。1874年本格的に開発開始。1996年閉田。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新津油田
にいつゆでん

新潟県、新津丘陵東麓(とうろく)にある旧越後三大油田(えちごさんだいゆでん)の一つ。東山山地が越後平野に没入する秋葉丘陵北端に広がり幅2キロメートル、長さ12キロメートル。油田構造は、丘陵に沿う金津(かなづ)背斜が沖積地に没入する鼻状構造部の断層の食い違いにたまった珍しい含油層で、深度は300~1500メートルに及ぶ。明治末から大正時代の全盛期には年産17万キロリットルの産油高を示した大油田である。その後は生産量が減少し、1996年(平成8)に採掘が終了した。ロータリー掘り時代に大油井を掘り当てて石油王となった中野貫一の邸宅の周りは、新津市(現、新潟市秋葉(あきは)区)により「石油の里公園」として整備された。ここには石油の採掘・精製施設が残されているほか、資料館「石油の世界館」や物産館などがある。中野邸は中野邸美術館として公開されている。また能代(のうだい)川沿いの磐越西(ばんえつさい)線わきはかつて新津油田の製油所のあった所で、いまも煮坪(にえつぼ)とよばれる池が残されている。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

にいつ‐ゆでん にひつ‥【新津油田】

新潟市新津にある油田。明治六年(一八七三)から本格的に開発され、大正初期に最盛期を迎えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新津油田の関連情報