コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野貫一 なかの かんいち

2件 の用語解説(中野貫一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野貫一 なかの-かんいち

1846-1928 明治-大正時代の実業家,政治家。
弘化(こうか)3年9月8日生まれ。明治7年手掘りで石油採掘をはじめ,生地の新潟県蒲原(かんばら)地方を中心に油田開発に成功した。中央石油,中野興業の社長。晩年は中野財団をもうけた。衆議院議員(当選2回,憲政会)。昭和3年2月25日死去。83歳。幼名は弘平。号は鶴堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中野貫一
なかのかんいち
(1846―1928)

石油鉱業の代表的企業家。越後国(新潟県)金津の庄屋(しょうや)の家に生まれる。幼名弘平。号は鶴堂。家財を投じて1874年(明治7)から原油の採掘を開始し、途中、鉱区をめぐる紛争に遭遇したが屈せず、蒲原地帯を中心に広大な油田の開発に成功、巨富を築いた。第一次世界大戦以後は、1918年(大正7)設立の中野鉱業株式会社を通じ、石油鉱業の拡充よりも株式、不動産投資による資産の増殖に努め、有力地方財閥を形成。衆議院議員でもあった。[森川英正]
『中野財団編・刊『鶴堂中野貫一翁伝』(1930)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中野貫一の関連キーワード秋田半三淡谷清蔵石井謹吾大石保大谷吟右衛門岡烈谷新助曲田成森本善七依田佐二平

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone