コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中野貫一 なかの かんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中野貫一 なかの-かんいち

1846-1928 明治-大正時代の実業家,政治家。
弘化(こうか)3年9月8日生まれ。明治7年手掘りで石油採掘をはじめ,生地の新潟県蒲原(かんばら)地方を中心に油田開発に成功した。中央石油,中野興業の社長。晩年は中野財団をもうけた。衆議院議員(当選2回,憲政会)。昭和3年2月25日死去。83歳。幼名は弘平。号は鶴堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中野貫一
なかのかんいち
(1846―1928)

石油鉱業の代表的企業家。越後国(新潟県)金津の庄屋(しょうや)の家に生まれる。幼名弘平。号は鶴堂。家財を投じて1874年(明治7)から原油の採掘を開始し、途中、鉱区をめぐる紛争に遭遇したが屈せず、蒲原地帯を中心に広大な油田の開発に成功、巨富を築いた。第一次世界大戦以後は、1918年(大正7)設立の中野鉱業株式会社を通じ、石油鉱業の拡充よりも株式、不動産投資による資産の増殖に努め、有力地方財閥を形成。衆議院議員でもあった。[森川英正]
『中野財団編・刊『鶴堂中野貫一翁伝』(1930)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中野貫一の関連キーワード新津油田大正時代実業家弘化

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android