コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新津 にいつ

4件 の用語解説(新津の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新津
にいつ

新潟県中部,新潟市東部の旧市域。新潟平野の中部にある。 1951年市制。 1955年小合村,金津村の2村,1957年新関村の一部を編入。 2005年新潟市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い秋葉区の一部となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にいつ〔にひつ〕【新津】

新潟県中北部、阿賀野川西岸にあった市。信越本線羽越本線磐越西線の交差する交通の要地。新津油田で発展。チューリップなどの球根栽培が盛ん。平成17年(2005)3月、新潟市に編入。→新潟

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にいつ【新津】

新潟市の地名。かつて、新津油田で知られた。チューリップ球根を産出。信越本線・羽越本線・磐越西線の接続地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新津
にいつ

新潟県の中北部にあった旧市(新津市)。現在は、新潟(にいがた)市の南東部(秋葉(あきは)区の一部)にあたる。旧新津市は1951年(昭和26)市制施行。1955年金津(かなづ)、小合(こあい)の2村を合併、1957年新関(しんぜき)村の一部を編入。2005年(平成17)白根(しろね)市、豊栄(とよさか)市、小須戸(こすど)町、横越(よこごし)町、亀田(かめだ)町、西川(にしかわ)町、岩室(いわむろ)村、味方(あじかた)村、潟東(かたひがし)村、月潟(つきがた)村、中之口(なかのくち)村とともに新潟市に編入。信濃(しなの)川、阿賀野(あがの)川の二大河川に挟まれ、国道403号、460号が通じ、磐越自動車道の新津インターチェンジがある。秋葉山麓から小阿賀野川間の沖積平野一帯に市街地が広がる。起源は、古津に対する新津で、船着き場として発生、鎌倉時代には豪族新津氏の存在が知られる。近世は新発田(しばた)藩の新津組の大庄屋(おおじょうや)町として六斎市(ろくさいいち)でにぎわった。明治末から大正初期にかけては新津油田の全盛で石油の町として全国的に有名になり、大正中期には羽越(うえつ)本線、磐越西(ばんえつさい)線と信越本線の交差する交通の要衝として、機関庫、鉄道工場などが立地し、交通都市として繁栄した。第二次世界大戦後は県都新潟市のベッドタウンとして、駅付近の住宅用地化が進んだ。旧市域の中央を流れる能代(のうだい)川は暴れ川でたびたび水害を引き起こし、平野部は肥沃(ひよく)な米作地帯である。信濃川べりの小合地区は花木園芸農が盛んで、サツキを中心とする盆栽の全国的産地として知られ、チューリップ、ヒヤシンスなどの球根栽培も盛んである。[山崎久雄]
『『新津市誌』(1952、1979・新津市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新津の関連キーワード新潟平野新潟県新潟市東区江口新潟県新潟市東区榎新潟県新潟市東区大山新潟県新潟市東区北山新潟県新潟市東区下場新潟県新潟市東区紫竹新潟県新潟市東区西野新潟県新潟市東区松崎新潟県新潟市東区豊

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新津の関連情報