コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施暁 せぎょう

1件 の用語解説(施暁の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

施暁 せぎょう

?-804 奈良-平安時代前期の僧。
法相(ほっそう)宗。光信の弟子。行基の孫弟子。桓武(かんむ)天皇が近江(おうみ)(滋賀県)に梵釈(ぼんしゃく)寺を創建したとき,勅命により住持となった。延暦(えんりゃく)16年少僧都となる。延暦23年死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

施暁の関連キーワード請来目録認知症サポーター認知症サポーター認知症サポーターアルクイン空海最澄橘逸勢茶経大鹿島命

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

施暁の関連情報