コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下部伊三次 くさかべ いそうじ

3件 の用語解説(日下部伊三次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下部伊三次 くさかべ-いそうじ

1814-1859* 幕末の武士。
文化11年生まれ。もと鹿児島藩士海江田連の子。水戸藩につかえていたが,安政2年鹿児島藩に復帰。5年水戸藩への攘夷(じょうい)の勅諚(戊午(ぼご)の密勅)の写しを子の裕之進とともに江戸の水戸藩邸にとどける。安政の大獄で逮捕され同年12月17日獄死。45歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は翼。号は九皐,実稼。変名は深谷佐吉,宮崎復太郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日下部伊三次

没年:安政5.12.17(1859.1.20)
生年:文化11(1814)
幕末尊攘派薩摩(鹿児島)藩士。諱は信政,翼。伊三次と称し九皐,実稼と号す。深谷佐吉,宮崎復太郎と変名。父は,元薩摩藩士で水戸太田学館幹事海江田(日下部)訥斎連。父の跡を襲って太田学館幹事。弘化1(1844)年,水戸藩主徳川斉昭の隠居謹慎に際して処罰解除運動に参加,安政2(1855)年,斉昭のとりなしで薩摩藩に復帰。5年,井伊直弼政権が日米修好通商条約を無断違勅調印するや水戸藩尊攘派と連絡,井伊政権批判の密勅降下を企図,上京して水戸藩京都留守居鵜飼吉左衛門らと三条実万らに入説し成功,木曾路経由で密勅(戊午の密勅)の写しを水戸藩江戸屋敷に伝えた。安政の大獄で獄死。拷問に抗し絶食したためという。

(吉田昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くさかべいそうじ【日下部伊三次】

1814‐58(文化11‐安政5)
幕末期の志士。諱(いみな)は翼,号は九皐。薩摩藩士であった父が寄寓していた水戸藩領に生まれる。のち江戸に出て幕臣川路聖謨の従士となり,宮崎復太郎と称した。1855年(安政2)島津斉彬に認められ,薩摩藩江戸藩邸に召し抱えられた。58年7月,藩命により上京。8月8日,幕府の条約調印は遺憾であるという内容の密勅が発せられた(戊午の密勅)。水戸藩士鵜飼幸吉は,この密勅を東海道経由で,日下部はその写しを木曾路経由で,それぞれ江戸の水戸藩邸へ届けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日下部伊三次の関連キーワード生野の変鹿児島藩薩摩薩摩富士鹿児島寺田屋事件きばいやんせ樺山資之児玉幸助田中謙助

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone