コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下部子麻呂 くさかべの こまろ

2件 の用語解説(日下部子麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下部子麻呂 くさかべの-こまろ

?-773 奈良時代の官吏。
筑後介(ちくごのすけ)在任中の天平(てんぴょう)10年(738)献上の鷹をはこぶ部領使(ことりづかい)として大宰府(だざいふ)から京におもむく。左兵衛督(さひょうえのかみ)をへて,山背守(やましろのかみ)となる。藤原仲麻呂の乱では,佐伯伊多智(さえきの-いたち)らと近江(おうみ)の勢多(瀬田)(せた)橋をやきはらい,仲麻呂の東国への退路を遮断,乱後,功田(こうでん)20町をうけた。播磨(はりまの)守。宝亀(ほうき)4年5月17日死去。名は古麻呂とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日下部子麻呂

没年:宝亀4.5.17(773.6.11)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。天平勝宝7(755)年8月従五位下。山背守,播磨守などを歴任。藤原仲麻呂の乱(764)のとき,将軍として参加し,勢多橋(大津市)を焼き仲麻呂を近江(滋賀県)に敗走させた。その功により勲2等,功田20町を与えられた。極位は従四位上。

(寺崎保広)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日下部子麻呂の関連キーワード鈴鹿川まちづくり交付金柳宗元良弁岐阜[県]白糠[町]嫡出子プラセオジムロッシェル塩飛鳥田女王

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone