コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下部子麻呂 くさかべの こまろ

2件 の用語解説(日下部子麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下部子麻呂 くさかべの-こまろ

?-773 奈良時代の官吏。
筑後介(ちくごのすけ)在任中の天平(てんぴょう)10年(738)献上の鷹をはこぶ部領使(ことりづかい)として大宰府(だざいふ)から京におもむく。左兵衛督(さひょうえのかみ)をへて,山背守(やましろのかみ)となる。藤原仲麻呂の乱では,佐伯伊多智(さえきの-いたち)らと近江(おうみ)の勢多(瀬田)(せた)橋をやきはらい,仲麻呂の東国への退路を遮断,乱後,功田(こうでん)20町をうけた。播磨(はりまの)守。宝亀(ほうき)4年5月17日死去。名は古麻呂とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日下部子麻呂

没年:宝亀4.5.17(773.6.11)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。天平勝宝7(755)年8月従五位下。山背守,播磨守などを歴任。藤原仲麻呂の乱(764)のとき,将軍として参加し,勢多橋(大津市)を焼き仲麻呂を近江(滋賀県)に敗走させた。その功により勲2等,功田20町を与えられた。極位は従四位上。

(寺崎保広)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日下部子麻呂の関連キーワード伊福部男依上古麻呂紀豊河紀難波麻呂高麗石麻呂波多小足葛井大成御方大野三国人足陽侯麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone