コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢多 せた

百科事典マイペディアの解説

勢多【せた】

滋賀県(近江(おうみ)国)大津市の地名。瀬田・勢田・世多とも書く。琵琶湖最南端の瀬田川流出口付近一帯をさす。古くから交通の要衝で,古代は近江国府,勢多駅所在地

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せた【勢多】

現在の大津市瀬田付近をさし,《和名抄》に栗本(くるもと)郡勢多郷がある。古く《日本書紀》は天武1年(672)7月22日,壬申での瀬田の戦いを記し,瀬田橋もすでにあった。勢田,世多とも記される。古代の近江国府,勢多駅の所在地であり,対岸の古市郷(現,大津市膳所,石山付近)とともに同国の中枢部であった。琵琶湖が宇治(瀬田)川に流出する水陸の要衝であり,壬申の乱や藤原仲麻呂の乱にも戦略的拠点であったように,早くから交通の中心地であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

勢多の関連キーワード東(群馬県勢多郡)慣らし・馴らし黒保根〈村〉みどり[市]粟津橋本御厨大前田英五郎富士見〈村〉日下部子麻呂角田 喜右作群馬県前橋市黒保根[村]星野 長太郎大胡[町]森本 清吾佐々木高信上泉伊勢守角田喜右作粕川〈村〉新里〈村〉北橘〈村〉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勢多の関連情報