コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下部定好 くさかべ さだよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下部定好 くさかべ-さだよし

1542-1616 織豊-江戸時代前期の武士。
天文(てんぶん)11年生まれ。はじめ織田信長の家臣。恩賞への不満から,徳川家康につかえる。天正(てんしょう)10年大須賀康高(やすたか)の甲斐(かい)(山梨県)鎮圧にしたがい甲斐奉行となる。慶長5年徳川秀忠の信濃(しなの)(長野県)上田城攻めに際し旗奉行をつとめた。元和(げんな)2年8月30日死去。75歳。初名は吉定。通称は兵右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日下部定好の関連キーワード徳川家康メアリースチュアートメアリー・スチュアートメアリスチュアートメアリー・スチュアートダッケの反乱メーリ・ステュアート徳川家康武徳編年集成徳川家康

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android