日本=ビルマ平和条約(読み)にほん=ビルマへいわじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「日本=ビルマ平和条約」の解説

日本=ビルマ平和条約
にほん=ビルマへいわじょうやく

第2次世界大戦後,日本とビルマ (現ミャンマー) との間に平和関係を樹立することを取決めた条約。ビルマは,サンフランシスコ講和条約交渉に招請されたが,対日講和条約の賠償条項を不満として出席を拒否,1952年4月 30日に対日戦争状態終結を宣言した。その後,日本はビルマと正式国交を開く努力を重ねた結果,54年 11月5日ラングーン (現ヤンゴン) で本条約に正式署名し,本条約は翌 55年4月 16日に発効をみた。この条約は,領土,安全保障条項を欠くが,賠償額,経済協力提供額を規定したことが特徴。 (→日本=ビルマ賠償協定 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android