コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本=ビルマ平和条約 にほん=ビルマへいわじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本=ビルマ平和条約
にほん=ビルマへいわじょうやく

第2次世界大戦後,日本とビルマ (現ミャンマー) との間に平和関係を樹立することを取決めた条約。ビルマは,サンフランシスコ講和条約交渉に招請されたが,対日講和条約の賠償条項を不満として出席を拒否,1952年4月 30日に対日戦争状態終結を宣言した。その後,日本はビルマと正式国交を開く努力を重ねた結果,54年 11月5日ラングーン (現ヤンゴン) で本条約に正式署名し,本条約は翌 55年4月 16日に発効をみた。この条約は,領土,安全保障条項を欠くが,賠償額,経済協力提供額を規定したことが特徴。 (→日本=ビルマ賠償協定 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本=ビルマ平和条約の関連キーワード日本=ビルマ賠償協定

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android