コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賠償問題 ばいしょうもんだい

世界大百科事典 第2版の解説

ばいしょうもんだい【賠償問題】

西欧近代史において,主権国家間の紛争に戦争という形で決着がつけられた場合,交戦国の一方が他方に対して,戦争によって生じた損害を金銭,物品などで賠償するという慣行があった。戦勝国が敗戦国に償金indemnityを課す慣行は,17世紀以来,一般的な方式に展開し,19世紀には償金に関する規定を講和条約に盛り込むのが通常となった。国際市場の発展に応じて,国内の商品経済の柱である法体系に準拠し,償金金額の評価,支払いが行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

賠償問題の関連キーワードロー(Andrew Bonar Law)H.G.ヒャルマー シャハトウィリアム・モリス ヒューズ戦債問題[第1次世界大戦]日本=インドネシア平和条約チャールス・G. ドーズフーバー・モラトリアムシュトレーゼマン連合国賠償委員会W. ラーテナウシュラーゲターローザンヌ会議シュティンネス高橋進(3)ジェノバ会議ポーレー報告サンレモ会議ヤルタ協定スパー会議小笠原長行

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賠償問題の関連情報