コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本レコード大賞 にほんレコードたいしょう

2件 の用語解説(日本レコード大賞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本レコード大賞
にほんレコードたいしょう

1959年に創設された音楽賞。社団法人日本作曲家協会と日本レコード大賞制定委員会が主催し,東京放送 TBSが後援。 1969年の第 11回から,授賞式のもようは「輝く!日本レコード大賞」という番組名で全国に生中継されるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

日本レコード大賞

1959年に始まった、日本の音楽産業において優れたクリエーターや歌手をたたえる賞。放送番組名は「輝く!日本レコード大賞」。通称「レコ大」と呼ばれる。社団法人日本作曲家協会と日本レコード大賞制定委員会が主催、TBSが後援している。英語表記は「THE JAPAN RECORD AWARD」(ザ・ジャパン・レコード・アワード)。
1958年に設けられた米国のグラミー賞を受けてその翌年、作曲家の古賀政男服部良一、音楽評論家の平井賢が創設、年末の国民的番組として毎年12月31日にTBSとTBSラジオで放送されてきた。第48回(2006年)から放送日を12月30日に変更している。テレビ中継の平均視聴率は昭和40年代に入ると上がり続け、第19回(1977年)に50.8%でピークを迎えたが徐々に下降線をたどり、第47回(2005年)は最低の10.0%に。その後は10%台半ばで推移している。
主な賞の内容や対象は次の通り。「日本レコード大賞」は対象年度に発売された全ての邦楽シングルCDの中から、作曲、編曲、作詩を通じて、芸術性、独創性、企画性が顕著で、優れた歌唱によって生かされ、大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映・代表したと認められた1作品に贈る。第50回(08年)からEXILEが3年連続で受賞、第53回(11年)からはAKB48が2年連続で受賞しており、2013年も両グループの対決が注目を集めた。
「最優秀歌唱賞」は楽曲を最も的確に表現し、更に高めた歌手、「最優秀作品賞」は大衆の支持を得た芸術性、独創性に優れた作品、「最優秀新人賞」は「新人賞」の中から最も優秀と認められた歌手に贈られる。このほか、「作曲賞」、「編曲賞」、「作詞賞」、「企画賞」、「功労賞」、「特別賞」、「特別功労賞」、「日本作曲家協会奨励賞」、「最優秀アルバム賞」などがある。過去には子ども向けの童謡やアニメソングに贈る「童謡賞」や、「ゴールデン・アイドル賞」、作曲家・吉田正の業績を記念した「吉田正賞」、美空ひばりの業績をたたえ、後の歌手に贈る「美空ひばりメモリアル選奨」などがあった。

(若林朋子  ライター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

日本レコード大賞の関連キーワードチベット問題ルナ恐怖映画フィルムは生きている安保闘争VIVO薄桜記人間の壁フランキー堺ライト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本レコード大賞の関連情報