日本国土開発(読み)にほんこくどかいはつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本国土開発
にほんこくどかいはつ

建設会社。 1951年設立。 64年に東京証券取引所1部,70年に大阪1部に上場。土木,建築のバランスがとれた総合建設業者で,低騒音無振動型トンネル掘削システムなどの新工法を開発し,地下鉄,下水道工事を得意としていた。開発事業にも力を注いでいたが,筆頭株主かつ主力行であった三井信託銀行 (現中央三井信託銀行) などの貸し渋りや受注の減少によって経営が悪化。 98年 12月会社更生法の適用申請を行い事実上倒産した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本国土開発

正式社名「日本国土開発株式会社」。英文社名「JDC Corporation」。建設業。昭和26年(1951)設立。平成11年(1999)会社更生手続開始決定。同15年(2003)更生手続終結決定。本社は東京都港区赤坂。建築・土木会社。交通・港湾などの大規模開発からレジャー施設・住宅建設まで幅広く事業展開。シンガポール・台湾に事業拠点。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android