日本基礎老化学会(読み)ニホンキソロウカガッカイ

デジタル大辞泉「日本基礎老化学会」の解説

にほん‐きそろうかがっかい〔‐キソラウクワガククワイ〕【日本基礎老化学会】

老化の基礎的研究振興を目的とする学術団体老化・加齢関連疾患・寿命制御機構の解明健康寿命延伸につながる生活習慣やシグナル系に興味をもつ研究者が集まる。昭和52年(1977)設立の日本基礎老化研究会を前身とし、昭和56年(1981)発足日本老年医学会日本老年社会科学会などとともに日本老年学会を構成する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「日本基礎老化学会」の解説

日本基礎老化学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Japan Society for Biomedical Gerontology」。老化に関する研究などを行う。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android