日本橋 きみ栄(読み)ニホンバシ キミエ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「日本橋 きみ栄」の解説

日本橋 きみ栄
ニホンバシ キミエ


職業
色物芸人

専門
江戸端唄,俗曲

本名
荒井 きよ子

生年月日
大正4年 1月27日

出生地
東京・神田

経歴
日本橋の花柳界で江戸時代の流行歌だった端唄、俗曲を学び、“お座敷芸”から寄席高座にかけられる色物芸に高めた第一人者。5歳の時から兄・竹本東太夫に義太夫を学び、17歳で日本橋槇町から芸者に出る。昭和8年日東から歌手としてデビュー。10年ポリドール専属となり、「しんとろり」「蛇の目のかけで」がヒット。戦後、キングレコード、ビクターを経て、50年ポリドールに。54年LP「これが端唄だ俗曲だ」を出す。

受賞
芸術祭賞優秀賞(第26回・大衆芸能部門1部)〔昭和46年〕「第261回三越名人会の俗曲における表現力」,松尾芸能賞(優秀賞・邦楽 第1回)〔昭和55年〕,芸能功労者表彰(第6回)〔昭和56年〕

没年月日
平成5年 10月9日 (1993年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android