日本武道学会(読み)にほんぶどうがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本武道学会
にほんぶどうがっかい

1968年財団法人日本武道館の業務の一環として,「国技としての武道の科学的研究調査を行い,武道学の普及発展に努め,会員相互の研究上の連絡提携をはかる」ことを目的に発足した。毎年学会を開催し,機関誌『武道学研究』を年2回刊行している。また地方に支部をおき,独自の郷土武道研究も行なっている。初代会長は正力松太郎

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android