コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本武道館 にほんぶどうかん

6件 の用語解説(日本武道館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本武道館
にほんぶどうかん

武道を普及奨励してその精神を高揚し,民族の発展と世界の平和・福祉に貢献することを目的とする財団法人。 1962年創設され,総合道場日本武道館の設置,武道の普及奨励,武道学園の設置運営,武道博物館の設置および古武道の保存,武道に関する学術的調査研究などをおもな事業としている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にっぽん‐ぶどうかん〔‐ブダウクワン〕【日本武道館】

東京都千代田区にある武道の競技館。昭和39年(1964)完成。柔道・剣道・弓道などに用いられ、観客1万5000人を収容できる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本武道館【にほんぶどうかん】

1964年,東京オリンピック柔道競技会場として建設された武道場。東京都千代田区北の丸公園にある。敷地は1万m2以上あり,建物面積約8300m2,収容人員1万5000人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

日本武道館

東京都千代田区にあるスポーツ施設。1964年開設。座席数は約14000席。北の丸公園内にある。1964年、第18回オリンピック夏季大会では柔道競技が行われた。1966年、イギリスのロックバンド「ビートルズ」の公演に使用。単に「武道館」ともいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にほんぶどうかん【日本武道館】

東京都千代田区北の丸公園にある総合武道施設および組織。財団法人。1964年のオリンピック東京大会を機に建設され,大会では柔道競技の会場となった。敷地1万0800m2,建設面積8294m2,収容人員1万5000人。法隆寺夢殿をかたどった偉容を誇る。正力松太郎の主唱により,1961年に建設が具体化した。日本人の伝統的な武道を子孫に伝え,人類の進歩に寄与することを目的とし,武道館の建設とともに,武道の普及奨励,古武道の保存,武道に関する調査研究,武道学園の設置など,柔道,剣道,弓道,相撲,空手,薙刀,合気道をはじめとする各種武道の振興のための多くの事業の計画,活動を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本武道館
にほんぶどうかん

1964年(昭和39)のオリンピック東京大会を機に、東京都千代田区北の丸公園地内に設立された総合武道施設および組織、財団法人。これより先1961年6月の第58回IOC総会において、東京大会に柔道が正式種目として加えられることが決定した。これを受けて国会内に、正力松太郎(しょうりきまつたろう)、木村篤太郎(とくたろう)らの発起で、武道会館建設議員連盟が結成され、超党派議員525名の賛成署名を得て、日本古来の武道を演武するにふさわしい専用会場の建設を目ざして、翌62年1月財団法人日本武道館の設立が認可された。ついで同年8月衆議院本会議において自民・社会・民社の三党共同提案による「国技の総合会館に関する決議案」が採択され、用地を皇居北の丸公園内に決定。建設費総額22億円、法隆寺の夢殿をかたどった地上42メートル、正八角形の大屋根をもつ、収容人員約1万5000の大競技場の建設が昼夜兼行で進められ、着工以来1年、64年10月3日開館式を挙行した。その後武道館は武道の大会だけでなく、各種イベントやコンサートも行われている。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本武道館の関連情報