コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本海海盆 にほんかいかいぼん

1件 の用語解説(日本海海盆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本海海盆
にほんかいかいぼん

日本海の北半を占める海盆。水深約 3500mの深海底が広がり,海洋性の地殻構造を示す。大和堆などの大和海膨は西方からこの海盆に食込んでおり,大和海膨以南の部分は大和海盆として分けることもある。したがって狭義には沿海州,北海道,本州北東部および大和海膨によって囲まれる部分をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本海海盆の関連キーワードマル優制度私立小中の授業料補助手形訴訟電子工業日本町弥勒第3のビール人民武装警察部隊モロ・イスラム解放戦線MILF

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone