竟宴(読み)キョウエン

大辞林 第三版の解説

きょうえん【竟宴】

〔竟おわりに催す宴会の意〕
宮中で日本書紀や漢籍などの講義、勅撰和歌集の撰述が終わったときなどに、宴を設け諸臣にその書にちなむ詩歌を詠ませ、禄ろくを与えるもの。
祭事・神事が終わってそのあとで行われる宴会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐えん キャウ‥【竟宴】

〘名〙 (「」は物事の終わる意)
① 主として平安時代宮中での「日本書紀」や漢籍の進講、和歌集の勅撰などが終わったとき、宴を設けて、其の書中記載の事項に関係のある詩や歌を諸臣に詠ませ、祿を賜下されること。また、一私人としてこれに擬して行なうこともある。
※三代実録‐貞観二年(860)一二月二〇日「従五位上行大学博士大春日朝臣雄継以御注孝経皇帝、今日有竟宴、授博士雄継正五位下
※増鏡(1368‐76頃)七「新古今の時ありしかばにや、竟宴といふ事行なはせ給ふ。いとおもしろかりき」
② 祭などが終わった後で催される宴会。直会(なおらい)
※古今著聞集(1254)四「神事をその前におこなふ。翼日に宴をはりて、夜に入て才子ひきて宴席をのぶ。これをまつりの竟宴といふ也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の竟宴の言及

【日本紀講筵】より

…盛時の形態は,《書紀》に詳しい学識者を博士,都講,尚復などに任命し,ふつう2,3年にわたって外記曹局,内史局,宜陽殿東廂などで頻繁に集会が持たれ,太政大臣以下多くの公卿・官人が出席して,博士の講義を中心に活発な議論が行われた。全30巻の講究が終了すると,元慶,延喜,承平のときには,侍従所に大臣以下が参集して,盛大な竟宴(きようえん)(講書終了時に催す酒宴)が行われた。宴席では,《書紀》中の聖徳帝王,有名諸臣を題として各自が和歌を作り,その詠歌の声に応じて大歌御琴師が倭琴を弾じ,終わって博士,尚復らが禄を賜って退出した。…

※「竟宴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android