コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本考古学会 にほんこうこがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本考古学会
にほんこうこがっかい

1895年に設立された考古学関係の学会。初め考古学会と称していたが,1942年に改称。東京国立博物館を中心に,日本歴世の風俗,制度,文物,技能を明らかにすることを趣意として設立された。機関誌『考古学雑誌』を刊行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本考古学会の関連キーワード日本のおもな学会・協会三上 次男高橋 健自茶臼山古墳原田 淑人造山古墳三宅米吉高橋健自石田茂作埴輪

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本考古学会の関連情報