コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日筵 にちえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日筵 にちえん

1609-1681 江戸時代前期の僧。
慶長14年生まれ。日蓮宗。下総(しもうさ)中村・小西(千葉県)の両檀林(だんりん)でまなび,両檀林の化主(けしゅ),京都妙顕寺の住持をへて寛文7年甲斐(かい)(山梨県)身延山(みのぶさん)久遠(くおん)寺29世となる。延宝7年久遠寺31世の後継者争いにかかわり,出羽(でわ)秋田に流された。延宝9年1月27日死去。73歳。京都出身。字(あざな)は春山。号は隆源院。著作に「一期行業」「不受不施論記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日筵の関連キーワード天和杉木茂左衛門秋元喬知小栗美作高橋源助松井市兵衛側用人慧林性機ボシュエ江戸時代(年表)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android