コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日筵 にちえん

1件 の用語解説(日筵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日筵 にちえん

1609-1681 江戸時代前期の僧。
慶長14年生まれ。日蓮宗下総(しもうさ)中村・小西(千葉県)の両檀林(だんりん)でまなび,両檀林の化主(けしゅ),京都妙顕寺の住持をへて寛文7年甲斐(かい)(山梨県)身延山(みのぶさん)久遠(くおん)寺29世となる。延宝7年久遠寺31世の後継者争いにかかわり,出羽(でわ)秋田に流された。延宝9年1月27日死去。73歳。京都出身。字(あざな)は春山。号は隆源院。著作に「一期行業」「不受不施論記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日筵の関連キーワード天和カブラル徳川氏秋元喬知小栗美作高橋源助松井市兵衛側用人ラムサール条約島差別

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone