日筵(読み)にちえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日筵 にちえん

1609-1681 江戸時代前期の僧。
慶長14年生まれ。日蓮宗。下総(しもうさ)中村・小西(千葉県)の両檀林(だんりん)でまなび,両檀林の化主(けしゅ),京都妙顕寺の住持をへて寛文7年甲斐(かい)(山梨県)身延山(みのぶさん)久遠(くおん)寺29世となる。延宝7年久遠寺31世の後継者争いにかかわり,出羽(でわ)秋田に流された。延宝9年1月27日死去。73歳。京都出身。字(あざな)は春山。号は隆源院。著作に「一期行業」「不受不施論記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android