日米自動車摩擦(読み)にちべいじどうしゃまさつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日米自動車摩擦
にちべいじどうしゃまさつ

1980年代における日米経済摩擦の最も象徴的な事例の一つ。 73年の石油危機後,ガソリン価格の高騰によってアメリカの消費者の小型車化志向が進んだ。しかし米自動車産業はこれを一時的現象と見て,小型車の生産体制を整えなかった。日本の自動車業界はこの間にアメリカ市場でのシェアを急速に拡大し,80年には 20%程度にまで達した。アメリカの自動車産業および全米自動車労組は,日本車の輸入規制を要求,これに呼応する議会の一部では,輸入規制法案が提出された。自由貿易を掲げるレーガン政権は,米側の規制に反対する一方,日本に対し輸出自主規制を行なうよう求め,81年から実施された。初年度の割り当ては 168万台で,前年度の実績から 15%程度削減された。当初3年間で撤廃される予定であった自主規制は,米自動車産業の回復が思わしくなかったこともあり,235万台に増枠された上で現在まで継続されているが,日本の自動車産業の海外進出が進み,雇用を創出した結果,日本車の輸出による摩擦は,相当程度緩和されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日米自動車摩擦の関連情報