コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日運 にちうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日運 にちうん

?-1687* 江戸時代前期の僧。
日蓮宗。六条有純(ありずみ)の5男。京都本国寺の日桓(にちかん)に師事し,下総(しもうさ)飯高(千葉県)の檀林(だんりん)でまなぶ。のち今出川家の猶子となり,本国寺18世をつぐ。寛文9年越後(えちご)(新潟県)本成寺を末寺であるとうったえたが敗れ,退院を命じられた。貞享(じょうきょう)3年11月25日死去。字(あざな)は尊周。号は乗体院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日運の関連キーワード井原西鶴ゴルコンダ王国ド・コットトリアノン岡清兵衛フォントネルヨーゼフ1世怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)インノケンティウス[11世]東山天皇

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日運の関連情報