退院(読み)たいいん

精選版 日本国語大辞典「退院」の解説

たい‐いん ‥ヰン【退院】

〘名〙
① 寺院の住持が、その地位を退いて隠居すること。ついいん。ついえん。
② 江戸時代、僧侶に科する刑の一つ。その職を解いて、居住の寺院から退出させるもので、追院につぐ刑。
※政談(1727頃)四「夫より軽きは退院させ、或は綸旨・公帖を奪て平僧とする仕方有べし」
③ 病院で療養していた患者が、治療を終えたり、全快したりして病院から出ること。
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉写生帖「それから退院(タイイン)して叔父の内へ帰って来ますと」

つい‐いん ‥ヰン【退院】

〘名〙 (「つい」は「退」の唐宋音) 中世、禅宗寺院の住持が住持職を退くこと。たいいん。⇔入院
※正法眼蔵(1231‐53)嗣書「宗鑑長老退院ののち、和尚補す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「退院」の解説

たい‐いん〔‐ヰン〕【退院】

[名](スル)
入院していた患者が、病状が回復して病院から出ること。「先月退院したばかりです」⇔入院
議員が議院から退出すること。⇔登院
住職がその地位を退いて隠居すること。
江戸時代、僧に科した刑罰。その職を解いて寺から退去させること。刑の宣告を受けてから一度寺に立ち帰ることができる。→追院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「退院」の解説

退院
たいいん

江戸時代,僧尼に科せられた刑罰の一つ。『公事方御定書』には,「住居退去すべきを申し渡す」とあり,追と異なって,その宣告を受けたのち,いったん寺院帰り,それから立去ればよかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android