コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

退院 たいいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

退院
たいいん

江戸時代,僧尼に科せられた刑罰の一つ。『公事方御定書』には,「住居の寺を退去すべき旨を申し渡す」とあり,追院と異なって,その宣告を受けたのち,いったん寺院に帰り,それから立去ればよかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐いん〔‐ヰン〕【退院】

[名](スル)
入院していた患者が、病状が回復して病院から出ること。「先月退院したばかりです」⇔入院
議員が議院から退出すること。⇔登院
住職がその地位を退いて隠居すること。
江戸時代、僧に科した刑罰。その職を解いて寺から退去させること。刑の宣告を受けてから一度寺に立ち帰ることができる。→追院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいいん【退院】

( 名 ) スル
入院していた患者が、治療を終えたりして病院から出ること。 ⇔ 入院 「傷が治って-する」
衆・参の議員がそれぞれの議院から退出すること。
江戸時代に僧侶に科した刑罰の一。職を解き、寺から出すこと。 → 追院

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

退院の関連キーワードクリフォード・W. ビアーズ地域連携クリティカルパス神戸連続児童殺傷事件療養病床の削減計画地方更生保護委員会精神保健医療の改革足慣らし・足馴らし臨床評価指標義周入道親王老人保健施設退院給付特約日帰り手術更生保護法婦人補導院大沢 天仙木庵性瑫田中育美秋好 馨措置入院パウエル

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

退院の関連情報