コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野俊光 ひの としみつ

2件 の用語解説(日野俊光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野俊光 ひの-としみつ

1260-1326 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
文応元年生まれ。日野資宣(すけのぶ)の長男。文章(もんじょう)博士などをへて,永仁3年(1295)参議,文保(ぶんぽ)元年権(ごんの)大納言。正二位。嘉暦(かりゃく)元年勅使として鎌倉へむかい,5月15日(21日とも)同地で死去。歌は「新後撰(ごせん)和歌集」以下の勅撰集に33首はいっている。67歳。家集に「権大納言俊光集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

日野俊光

没年:嘉暦1.5.21(1326.6.21)
生年:文応1(1260)
鎌倉後期の公卿。歌人。文章博士。権大納言。父は中納言資宣。母は賀茂神主の県主能継の娘。持明院統に深くかかわった。嘉暦1(1326)年3月,勅使として関東に下向,鎌倉において病没。法名澄寂。近江番場で出家した資名,実仍僧正の弟子である宣実,佐渡で誅された資朝,備後鞆津の足利尊氏のもとに光厳上皇の院宣と錦旗をもたらした賢俊らの父である。家集『権大納言俊光集』がある。

(佐藤和彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日野俊光の関連キーワード地下の公卿北畠雅行久我通基重助平兼親平経親橋本実俊藤原公明源定平(1)冷泉頼隆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone