日野内光(読み)ひの うちみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野内光 ひの-うちみつ

1489-1527 戦国時代の公卿(くぎょう)。
延徳元年生まれ。徳大寺実淳(さねあつ)の次男。日野政資(まさすけ)の養子。正三位,権(ごんの)大納言。細川家の内紛から将軍足利義晴(よしはる)を擁した管領細川高国が大永(たいえい)7年柳本賢治(かたはる),三好元長らと桂川でたたかった際,高国側にくわわり,同年2月13日討ち死にした。39歳。前名は高光,澄光。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日野内光

没年:大永7.2.13(1527.3.15)
生年:延徳1(1489)
戦国時代の公卿。徳大寺実淳の次男で,前名は高光,澄光。法号は後広寿院花谷道栄。明応4(1495)年に日野政資が没し,政資の生前からの約束により他家でありながら日野家を継ぐ。養母は下野守源教春の娘。右大弁,蔵人頭を務め,大永1(1521)年参議,左大弁,従三位となり,同3年に権中納言,正三位,同6年に権大納言となる。室町幕府将軍家の近臣で,同7年2月13日に京都桂川の川勝寺において将軍足利義晴方の細川高国,武田元光らと三好勝長,政長らが合戦をしたときに高国方に加わり,敗走する途中で討死した。永禄2(1559)年に左大臣,従一位を贈られた。

(伊東正子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android