コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野名子 ひの めいし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野名子 ひの-めいし

?-1358 南北朝時代の日記文学作者。
日野資名(すけな)の娘。正慶(しょうきょう)元=元弘(げんこう)2年(1332)西園寺公宗(きんむね)と結婚。建武2年夫が後醍醐(ごだいご)天皇にそむいたかどで殺されたあと,実俊を生む。半生を回想した「竹むきか記」をあらわしたほか,歌1首が「新千載和歌集」にある。延文3=正平(しょうへい)13年2月23日死去。初名資子。通称は竹向(たけむき)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日野名子の言及

【竹向が記】より

…南北朝時代の日記。著者は日野資名(すけな)の娘で西園寺公宗の妻となった名子(1310‐58)。日記の時期は1329年(元徳1)から49年(正平4∥貞和5)にわたり,南北朝の戦乱のさなかでの結婚,そして鎌倉幕府の再興を企てて処刑された夫亡きあと,一子実俊を育てて西園寺家を継がせるに至る著者の半生を記す。書名は名子が住んだ西園寺邸の殿舎名で,同時に呼称でもあった〈竹向殿〉にちなむ。【今西 祐一郎】…

※「日野名子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日野名子の関連キーワード春日局(3)竹むきが記南北朝時代日野資名女

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android