コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野資名 ひの すけな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野資名 ひの-すけな

1287-1338 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
弘安(こうあん)10年生まれ。日野俊光の長男。日野資朝(すけとも)の兄。鎌倉幕府が擁立した持明院統の光厳(こうごん)天皇に重用され,正二位,権(ごんの)大納言となる。後醍醐(ごだいご)方についた足利尊氏が六波羅(ろくはら)探題を攻めた際,光厳天皇を奉じ京都を脱出し,出家。のち尊氏が後醍醐天皇と対立すると,光厳上皇の院宣をとりつぎ,南北朝対立のきっかけをつくる。建武(けんむ)5=延元3年5月2日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

日野資名

没年:暦応1/延元3.5.2(1338.5.21)
生年:弘安8(1285)
鎌倉後期の公卿。父は権大納言日野俊光。資朝の兄。永仁4(1296)年左兵衛佐に任官。元徳3/元弘1(1331)年按察使となり,光厳天皇から深く信任された。正慶2/元弘3年5月,後醍醐軍の攻撃を受けた際,光厳天皇を奉じて北条仲時らと京都を脱出したが,近江番場(滋賀県米原町)で出家。建武3/延元1(1336)年,京中合戦で敗れた足利尊氏が九州へ逃れるに当たり,光厳上皇の院宣を欲した際,資名は尊氏の意向を受け,備後鞆津(福山市)において,院宣を尊氏に取り次ぐよう三宝院賢俊 とはかっている。

(佐藤和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひのすけな【日野資名】

1287‐1338(弘安10‐延元3∥暦応1)
鎌倉末期の公卿。持明院統と大覚寺統との対立の中にあって,持明院統側に立って活躍した。ことに光厳天皇に重用され,権大納言にすすんだ。1333年(元弘3),六波羅が足利尊氏に攻略されたとき,資名は,探題北条仲時に奉じられて退避した光厳天皇に供奉したが,近江の番場(ばんば)で出家した。後醍醐天皇の討幕計画の首謀者の一人であった資朝は弟。日記に《資名卿記》がある。【山本 博也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の日野資名の言及

【日野資朝】より

…この間,後醍醐天皇が記録所を開設するやその寄人に加えられ,また蔵人頭,検非違使別当等も務めた。こうして後醍醐天皇の大覚寺統にくみするようになり,持明院統の側に立つ,父の俊光や兄弟の日野資名・柳原資明とは別の道を歩むことになった。やがて後醍醐天皇が討幕を企図すると,日野俊基とともに策謀の中心となった。…

※「日野資名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

日野資名の関連キーワード西園寺公宗竹むきが記西園寺実俊南北朝時代柳原資明竹向が記日野名子番場宿

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android