コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日野邦光 ひの くにみつ

美術人名辞典の解説

日野邦光

南北朝時代の公家。資朝の男。童名阿新丸正中の変で謀殺された父の敵を討つ『太平記』の話で知られる。建武政権下では後醍醐天皇に仕えて左兵衛権督に任じられた。南北朝内乱時には始終南朝方の廷臣として活躍、勅使として鎮西に赴いて菊池惟澄に挙兵を捉したり、藤原隆俊・細川清氏らと京都に攻めて足利義詮率いる幕府軍を撃破したりした。従三位権中納言に至る。正平18年(1363)歿、44才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日野邦光 ひの-くにみつ

1320-1363 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
元応2年生まれ。日野資朝(すけとも)の子。阿新丸(くまわかまる)とよばれた13歳のとき佐渡に配流中の父をたずねたが,父が本間山城入道に謀殺されたことを知り,その子三郎を殺して仇(かたき)を討つという話が「太平記」にのる。南北朝内乱では南朝方の廷臣として活躍,権(ごんの)中納言となった。貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年死去。44歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日野邦光の言及

【阿新丸】より

…鎌倉時代末の公家日野資朝の子。資朝は後醍醐天皇の討幕計画に参加したが,事が漏れて捕らえられ,佐渡に流された。13歳の阿新は従者1人をつれて佐渡に渡り,守護本間入道に父子の対面を願ったが許されず,父は殺されてしまった。復讐の機をねらう阿新は,ある夜本間の寝所に忍び込んだが,入道は不在で果たせず,父を斬った本間三郎を殺して巧みに逃げ,山伏に助けられて都に帰った話が《太平記》にくわしく記されている。その後阿新は邦光と名のって南朝の忠臣となり,中納言に任ぜられたが,明治時代になってよく忠孝を実践した人物として顕彰され,1915年には正三位を追贈された。…

※「日野邦光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日野邦光の関連キーワード南北朝時代公卿元応

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android