コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日長作用 にっちょうさよう daytime effect

1件 の用語解説(日長作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日長作用
にっちょうさよう
daytime effect

日の長さが植物の生長発育に影響を及ぼす現象で,光周作用とほぼ同義語。植物には日長作用を受けない中性植物 (たとえばトマト,ソバ,トウモロコシなど) と,1日の日照時間がある長さ以上のときだけに催花する長日植物 (たとえばホウレンソウ〈13~14時間〉,ムクゲ〈12~13時間〉など) と,1日の日照時間が一定の長さ以下のときだけ催花する短日植物 (たとえばオナモミ〈15.0~15.5時間〉,ダイズ〈14~16時間〉,タバコ〈13~14時間〉など) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日長作用の関連キーワード宿因葉分析及ぼす凶星住環境伸長生長弊害霊魂信仰危険の変更身体的危険

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone