コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日長作用 にっちょうさようdaytime effect

1件 の用語解説(日長作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日長作用
にっちょうさよう
daytime effect

日の長さが植物の生長発育に影響を及ぼす現象で,光周作用とほぼ同義語。植物には日長作用を受けない中性植物 (たとえばトマト,ソバ,トウモロコシなど) と,1日の日照時間がある長さ以上のときだけに催花する長日植物 (たとえばホウレンソウ〈13~14時間〉,ムクゲ〈12~13時間〉など) と,1日の日照時間が一定の長さ以下のときだけ催花する短日植物 (たとえばオナモミ〈15.0~15.5時間〉,ダイズ〈14~16時間〉,タバコ〈13~14時間〉など) がある。また動物でも日長が生殖腺の活動に影響を及ぼすことが,鳥などで知られている。ただし少くとも植物の催花では,真に問題なのは昼の長さではなく夜 (暗期) の長さであり,これは1日を人工的に 24時間以外とした実験からわかる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone