コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長日植物 ちょうじつしょくぶつ long-day plant

6件 の用語解説(長日植物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長日植物
ちょうじつしょくぶつ
long-day plant

一定時間以上日照を与えるような光周期にあわないと花芽の形成を起さない植物 (→短日植物 ) 。事実は,暗期が一定以下に短くなる周期が必要なので,「短夜植物」ともいえるが,このような名称は用いられない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうじつ‐しょくぶつ〔チヤウジツ‐〕【長日植物】

日照時間が長くなると花をつける植物。暗期が一定時間以下になると花芽を形成する。ホウレンソウアブラナ小麦など、春から夏にかけて花の咲く植物に多い。→短日植物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長日植物【ちょうじつしょくぶつ】

日照時間が一定時間以上になるような光周期を与えないと開花しない植物。短日植物の対。全く暗期を必要としないものも多い。ヒヨスオオムギホウレンソウなどがこの例。
→関連項目電照栽培日長処理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうじつしょくぶつ【長日植物 long‐day plant】

ホウレンソウやコムギなどのように,日長の長くなってくる時期に花芽をつくる植物。1日のうち光のあたる時間が一定時間より長くならなければ花芽をつくらないものをいうが,実際は暗期の短いことの方が重要なようで,実験的には,暗期さえ短ければ明期が短くても花芽がつくられ,また,暗期が全体としても長い場合でも,途中でごく短時間の光照射が与えられると花芽が分化してくる。自然界では花芽の形成には温度も関係しており,光だけですべてが動いているのではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうじつしょくぶつ【長日植物】

日照時間が長くなり夜が短くなると花をつける植物。ダイコン・ホウレンソウ・ネギなど。 → 短日植物

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長日植物
ちょうじつしょくぶつ

暗期の長さがある一定の時間(限界暗期)より短くなるような光周条件下で、花芽の形成がおこるか、あるいはそれが促進される植物をいう。暗期の長さが十分に短ければ、明期の長さは関係がない。長い暗期の場合、光中断を行うと花芽形成がみられる。コムギ、シロイヌナズナナデシコ、ヒヨス、ホウレンソウ、ムクゲムシトリナデシコルリハコベなどは長日植物である。長日植物は一般に、自然界では日長が長くなると花芽が形成される。長日植物の多くは、光周条件(長日)が整う以前に、一定期間、寒冷期を経ることを必要とする(越年性長日植物)。[勝見允行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長日植物の言及

【光周性】より

…【正木 進三】
[植物における光周性]
 光周性に依存する植物の現象としては花芽形成,茎の伸長,休眠,落葉などが知られているが,とりわけ花芽形成についてよく研究されている。植物には日長が短くなると花芽形成をし,花成に至る短日植物,日長が長くなると花成する長日植物,日長とは無関係に花成する中生植物などがある。短日植物のオナモミでは8.5時間以上の連続した暗期が与えられたときに花成が誘導されるので,暗期中に花成促進物質ができると考えられている。…

【電照栽培】より

…植物の花芽形成には日長が重要な影響を及ぼしており,キク(秋ギク)などは日長がある特定の時間よりも短くなった場合にだけ花芽を形成し(これを短日植物という),キンギョソウ,ストックなどは日長がある特定の時間よりも長くなった場合にだけ花芽を形成する(これを長日植物という)。短日植物の花芽形成を抑えて栄養生長を続けさせるために,あるいは長日植物の開花を促進させるために,夜中に数時間電灯照明をして植物を栽培することを電照栽培という。…

※「長日植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長日植物の関連キーワード光周性報・連・相常夜鍋報連相霜ゆたかマカロニほうれん荘デュラムコムギ花芽形成ジャワホウレンソウヤマホウレンソウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone