コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日震 ニッシン

デジタル大辞泉の解説

にっ‐しん【日震】

太陽表面に生じる振動や波動現象。1960年代、米国のロバート=レイトンが太陽表面の大気の動きによるドップラー効果から、約5分周期の振動を発見。理論的には太陽内部の対流運動に励起された音波的な固有振動であると考えられている。これらの観測から太陽内部の物理構造を研究する学問を日震学という。→月震星震宇宙震

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日震の関連キーワード太陽ニュートリノ太陽(天体)逸見 直造松代地震震災手形SOHO星震学陽震学

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日震の関連情報