コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧ユーゴ国際戦争犯罪法廷 きゅうゆーごこくさいせんそうはんざいほうてい International Criminal Tribunal for the Former Yugoslavia

1件 の用語解説(旧ユーゴ国際戦争犯罪法廷の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

旧ユーゴ国際戦争犯罪法廷

内戦の続く旧ユーゴスラビアでの戦争犯罪人権侵害に責任を有する者を裁くことを目的に、1993年に安保理が設置を決議した国際法廷。オランダハーグに設置。大量虐殺や集団婦女暴行民族浄化など、戦時における文民の保護などを規定したジュネーブ諸条約ほか、国際人道法の「重大な違反」を裁くものとされている。93年9月、国連総会によって11人の判事が選任され、1人の首席検事と書記局も置かれた。同年11月に審理を開始。96年5月にはセルビア人被告に対する公判が始まり、すでに数人に有罪判決も下されているが、主だった容疑者の逮捕は完了していない。2001年6月、2年前の99年5月に起訴されていた、ミロシェビッチユーゴ大統領が身柄を法廷に引き渡され、審理が始まったが、06年3月、被告人死亡のため裁判が停止した(ミロシェビッチ死去参照).

(最上敏樹 国際基督教大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旧ユーゴ国際戦争犯罪法廷の関連キーワードザグレブセルビアモンテネグロユーゴスラビアセルビアモンテネグロ戦争犯罪人ボスニア・ヘルツェゴヴィナバルカン・ハウンドユーゴスラビアン・トライカラード・ハウンドユーゴスラビアン・マウンテン・ハウンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone