旨意(読み)しい

精選版 日本国語大辞典「旨意」の解説

し‐い【旨意】

〘名〙 主旨。意図。考え。また、趣。わけ。指意。
※詩序集(1133頃)望山新雪満詩序〈藤原明衡〉「或述六義之、託比興以達聖聰」 〔論衡‐卜筮

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「旨意」の解説

【旨意】しい

おもむき。〔後漢書、魯丕伝〕詩人の旨を覽(み)、を察し・禹・皋陶(かうえう)の相戒むるをらかにし、~人天下す。

字通「旨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android