(読み)し

精選版 日本国語大辞典の解説

し【旨】

〘名〙
① 文章や話で述べようとしている内容。趣旨。
※雑談集(1305)一「此の法門意得は、天台一宗悉く旨を得る也」 〔易経‐繋辞下〕
② 君のおぼしめし。君の命令。上意。
※随筆・独寝(1724頃)上「姚文公翰林になりて、旨(し)を承りて玉堂に宴をもふけられしに」 〔漢書‐孔光伝〕

むね【旨】

〘名〙 ものごとの意味・内容。趣意。趣旨。
※源氏(1001‐14頃)蛍「いひもて行けば、一つむねにあたりて」
※不空羂索神呪心経寛徳二年点(1045)「この旨(ムネ)を用取するときは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むね【旨/宗】

中心となるもの。また、重要なもの。「安全を―とする」
(旨)述べたことの中心。趣旨趣意。「辞退する―を伝える」

し【旨】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]むね うまい
考えの内容。意向。むね。「主旨趣旨宗旨聖旨宣旨(せんじ)同旨本旨来旨要旨論旨
うまい。「旨酒
[名のり]よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android