早場地帯(読み)ハヤバチタイ

デジタル大辞泉の解説

はやば‐ちたい【早場地帯】

農林水産省水稲)の作柄を調査する際の区分の一つ。8月15日時点の出穂済み面積の割合が、平年ベースで約8割以上を占める19道県のこと。東北・北陸の米どころが含まれ、生産量が多い。→遅場地帯
[補説]早場地帯は、北海道・青森県岩手県・宮城県・秋田県山形県・福島県・茨城県・栃木県・千葉県・新潟県富山県石川県福井県・長野県・三重県・滋賀県・鳥取県島根県

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android