コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早場地帯 ハヤバチタイ

1件 の用語解説(早場地帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はやば‐ちたい【早場地帯】

農林水産省水稲)の作柄を調査する際の区分の一つ。8月15日時点の出穂済み面積の割合が、平年ベースで約8割以上を占める19道県のこと。東北・北陸の米どころが含まれ、生産量が多い。→遅場地帯
[補説]早場地帯は、北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・千葉県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・三重県・滋賀県・鳥取県・島根県。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

早場地帯の関連キーワード水産庁農商務省農林水産省農林省農林水産大臣銘柄米食料需給表不作付地農林水産物の輸出促進農林水産省のヤミ専従疑惑

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

早場地帯の関連情報