コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早場地帯 ハヤバチタイ

デジタル大辞泉の解説

はやば‐ちたい【早場地帯】

農林水産省水稲)の作柄を調査する際の区分の一つ。8月15日時点の出穂済み面積の割合が、平年ベースで約8割以上を占める19道県のこと。東北・北陸の米どころが含まれ、生産量が多い。→遅場地帯
[補説]早場地帯は、北海道・青森県岩手県・宮城県・秋田県山形県・福島県・茨城県・栃木県・千葉県・新潟県富山県石川県福井県・長野県・三重県・滋賀県・鳥取県島根県

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android