コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早田恒斎 そうだ こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早田恒斎 そうだ-こうさい

1826-1874 幕末の武士。
文政9年生まれ。肥前平戸藩(長崎県)藩士。広島の吉村秋陽陽明学をまなぶ。帰藩して勘定奉行となり,藩政改革をおこなう。維新後,藩の権(ごんの)大参事となる。僧拙巌(せつがん),帯雲につき,詩歌,書画をたしなんだ。明治7年3月5日死去。49歳。通称は治五平,のち恒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

早田恒斎の関連キーワードおもなお雇い外国人ハウフバーラクザイ朝ハウフオーストラリア・ニュージーランド文学東南アジア史(年表)箕作秋坪自由民権運動わが祖国クルップ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android