コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早田運平 そうだ うんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

早田運平 そうだ-うんぺい

1829-1877 幕末-明治時代の砲術家。
文政12年生まれ。肥前佐賀藩諫早(いさはや)領(長崎県)領主諫早氏の家臣。長崎で高島流砲術をおさめ帰郷,士卒調練と銃器の製造にあたる。維新後上京し,大山巌(いわお)の知遇をえて東京芝浜に兵器工場を建設。西南戦争の際,政府の命で弾丸製造に着手しようとしたが明治10年6月病死。49歳。本姓は寺田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

早田運平の関連キーワードロシア・トルコ戦争おもなお雇い外国人ピウス8世ユゴーオズーフブースギリシャ独立戦争エンデ土岐貞範プチジャン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android